英俳優ベン・ウィショー(Ben Whishaw)さんに関するブログ

2016年04月21日

2016年春のアワード祭りスケジュール(更新終了)

2016-03-30 12.31.56.jpg



 ブロードウェイで7月まで上演中の舞台『るつぼ/The Crucible』と、2015年〜2016年1月に英国と米国で放映されたドラマ『ロンドン・スパイ/London Spy』に主演し、各種アワードにノミネートがつづいている。選考対象になりそうな賞の数が多くて混乱してきたので、現時点のメモをまとめておく。見落としているものもたぶんあるし、まちがいもあるかもしれない。気がついたら随時足したり消したり日付の近い順に入れ替えたりして更新していく予定。ミスを発見したらコメントかメールでご指摘いただければ幸いです。更新終了7/15

 ノミネーション発表からストリーミングされる大規模なものもあれば、しれっとプレスリリース発表しておしまいのものまでいろいろある。アメリカの賞はEDT(NYなど東部夏時間)やPDT(LAなど太平洋夏時間)、イギリスの賞はBST(英国夏時間)で時差が発生してる。日本で追いかけるのもなかなか大変だ。
 
■演劇賞
●シアター・ワールド賞2015-2016
The Theatre World Award 2015-2016

「ブロードウェイまたはオフブロードウェイにセンセーショナルなデビューを果たした12人の俳優(男女各6名)」を選ぶ、1945年に始まったアメリカの演劇賞。
5/3発表: 受賞者12名にみごと選出! おめでとうございます。
(オフはデビュー済みだけど、そのときは取ってないから、いいんだよね……?)
5/23表彰式:サークル・イン・ザ・スクエア劇場にて、ソフィ・オコネドと一緒に受賞した。




●第82回ドラマ・リーグ賞
THE 82nd ANNUAL DRAMA LEAGUE AWARDS


http://dramaleague.org/events/awards/nominees
アメリカの演劇賞
パフォーマンス賞(NOMINEES FOR THE DISTINGUISHED PERFORMANCE AWARD)にノミネート!
リバイバル演劇作品賞と、パフォーマンス賞にソフィ・オコネドもノミネート。
イヴォ・ヴァン・ホーヴェが創設者記念優秀演出賞?的なもの(Founders Award for Excellence in Directing)を受ける。
5/20受賞者発表:受賞ならず。パフォーマンス賞は『ハミルトン』のリン=マニュエル・ミランダ、リバイバル演劇作品賞は『橋からの眺め』に。
おめでとうございます。

●第81回ニューヨーク・ドラマ・クリティクス・サークル賞2015-2016
The 81st The New York Drama Critics' Circle Awards 2015-2016

アメリカの演劇賞
http://www.dramacritics.org/dc_thisyears.html
5月5日に発表された。個別の賞の対象にはならなかったものの……。





5月17日の授賞式にて、演出家イヴォ・ヴァン・ホーヴェとデザイナーのヤン・フェルスヴェイフェルドがコラボレーションの仕事に対して特別賞(Special Citations)を贈られた。ソフィ・オコネドとベン・ウィショーが彼らの代わりに受けた。
http://www.theatermania.com/broadway/news/new-york-drama-critics-circle-awards-photos_77105.html

●第66回アウター・クリティクス・サークル賞
The 66th annual Outer Critics Circle Awards

http://outercritics.org/news/american-psycho-and-she-loves-me-lead-2016-occ-nominations/

アメリカの演劇賞
演劇部門主演男優賞(OUTSTANDING ACTOR IN A PLAY)にノミネート!
ほかにリバイバル演劇作品賞、助演男優賞にジム・ノートンもノミネートされていた。
5/9発表:受賞ならず。主演男優賞は‘The Father’のフランク・ランジェラに。おめでとうございます。
http://www.theatermania.com/broadway/news/2016-outer-critics-circle-award-winners_76995.html
5/26セレモニー
The annual Gala Awards Dinner and presentation of awards to the winners will be held on Thursday, May 26th (3PM) at Sardi’s Restaurant.

●第61回ドラマ・デスク賞
The 61th DRAMA DESK AWARDS

http://dramadeskawards.com/

アメリカの演劇賞
4/28ノミネーション発表:演劇主演男優賞はノミネートならず、残念。

6/5発表:演劇音楽賞でフィリップ・グラスが受賞。おめでとうございます。
ほかに演劇助演男優賞でビル・キャンプもノミネートされていた。

●第70回トニー賞
The 70th Annual TONY AWARDS

http://www.tonyawards.com/

アメリカの演劇賞
5/3ノミネーション発表:演劇主演男優賞はノミネートならず。
リバイバル演劇作品賞、演劇主演女優賞にソフィ・オコネド、演劇助演男優賞にビル・キャンプ、演劇照明デザイン賞にヤン・フェルスヴェイフェルド(『るつぼ』と『橋からの眺め』両方に対して)がノミネートされた。
6/12発表:残念ながら受賞なし。イヴォ・ヴァン・ホーヴェは『橋からの眺め』で演劇演出賞を受賞した。おつかれさまでした。

●2016ブロードウェイ・ドット・コム オーディエンス・チョイス賞
2016 Broadway.com Audience Choice Awards


お気に入り演劇リバイバル賞を受賞。
 名前のとおり、アメリカの演劇情報サイトのネット投票できまる賞。見ていなくても誰でも投票できたので、熱烈なファンのいる息の長い作品や、テレビや映画で有名な役者が出ている作品が多いみたい。専門家の選ぶ大きな賞とは(社会現象となっている『ハミルトン』をのぞき)だいぶ異なる顔ぶれ。ともあれ、おめでとうございます。


■テレビ賞

●第61回アイヴァー・ノヴェロ賞
The 61st Ivor Novello Awards



http://theivors.com/the-ivors-2016/

イギリス・アイルランドの音楽賞
5/19発表:London Spy作曲のキーファス・チャンシアとデイヴィッド・ホームズがベスト・テレビジョン・サウンドトラック賞を受賞!
おめでとうございます。

●2016年 英国アカデミー・テレビジョン・クラフト賞
British Academy Television Craft Awards



http://awards.bafta.org/award/2016/tvcraft

イギリスのテレビ賞技術部門
London Spyが4部門でノミネートされていた。
4/24発表:撮影・照明賞をLondon Spyのローリー・ローズ氏が受賞!
http://awards.bafta.org/award/2016/tvcraft/photography-and-lighting-fiction-entertainment
おめでとうございます。

●2016年 英国アカデミー・テレビジョン賞
House of Fraser British Academy Television Awards Nominees in 2016

http://awards.bafta.org/award/2016/television

イギリスのテレビ賞
主演男優賞(LEADING ACTOR)にノミネート!
ミニシリーズ作品賞にもノミネート。
5/8授賞者発表:受賞ならず。主演男優賞はマーク・ライランス。
ミニシリーズ賞は‘This is England '90’に。
おめでとうございます。
http://www.bafta.org/television/awards/house-of-fraser-british-academy-television-awards-winners-in-2016

●第68回エミー賞
The 68th Primetime Emmy Awards

http://www.emmys.com/awards/emmys

アメリカのテレビ賞
ノミネーション発表7/14:主演男優賞、作品賞ともにノミネートならず。
ざんねんでした。受賞者発表9/18
ちなみに……↓


↑こんな感じに、今の段階で『ロンドン・スパイ』とウィショーさんをプロモーションするような動きがあったので、制作サイド的には賞レースに送り込む気があるのかなと思ったんだけど……ミニシリーズ系英国ドラマ枠では『シャーロック』『ルーサー』『ナイト・マネジャー』などに競り負けた形。まあ、仕方ないですね。
posted by rico at 00:26| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

‘Lilting’がロンドンBFI Flare(LGBT映画祭)の開幕を飾る&日本上映の可能性が浮上!?



 3月20日より始まったロンドンLGBT映画祭‘BFI Flare’の開幕作品にベン・ウィショー出演の‘Lilting’が選ばれ、オープニングイベントは大盛況だったみたい。スクリーニングは全回ソールドアウトの人気ぶり。

当サイト内作品関連エントリ1(本編クリップ、試写レヴューなど)
http://benwhishaw.seesaa.net/article/385581865.html
関連エントリ2(制作リンク集、シノプシスなど)
http://benwhishaw.seesaa.net/article/382703431.html

 

 Q&Aイベントもおこなわれ、監督、プロデューサー、共演俳優陣といっしょにウィショー君も登壇した。こういう場はひさしぶりな気がする。昨年12月のパインウッドスタジオの除幕式以来かな? きちんとインタビュー受けたりするのはもっと前の5月のBAFTA以来かも。

 BFI Flareの公式フェイスブックに写真がいっぱい! アフターパーティーも楽しそう。



 映画祭告知映像。0.09〜0.10に見返りウィショー君



 プレミア後のクリップかな? 1.23〜あたらしい本編映像が、め、目のまわりがたいへんなことに……!

 実際に見たひとたちのリアクションはとてもよい。ビューティフル、パワフル、エモーショナル、やさしい、感動的、心をゆさぶられる、ファニー、泣いた、最初から最後まで泣いた、また見ても泣く、パフォーマンスがすばらしい、etc、etc……。たぶんサンダンスの時よりも反応がいいみたい。地元に根差した物語であるせいかな。もちろん欠点を指摘する向きもあるけれど、前の時より熱狂的に迎えられている感じがする。いつみられるのかな、楽しみ……ってフラストレーションを募らせていたところ……!↓

●日本での配給が決定!

 ツイッターにて、Liltingのプロデューサーであるドミニク・ブキャナン氏から「日本での配給が見つかった」との発言が! とってもうれしいニュース! この貴重な回答を引き出してくださった方からのコメントはこちらこちら。ありがとうございます。

(4/18追記)


 日本での配給会社はムヴィオラにきまった。ありがとうございます。ぜひ全国展開を!


●開幕イベントのQ&A





(3/25)Q&Aの動画がアップされたよ! ワインぐいぐい飲んだりナオミ・クリスティさんに言われて口ひげなでて見せたり、座ったり立ったりもう(「立ちます立ちます、立ちます、わーどうしよだいじょぶですよ、座ったほうが落ち着くと思って」)なんなのこのひと可愛い(憤り)なんだか観客席も壇上にあがった小動物をほのぼの見守ってるみたいな雰囲気。

BFI Flare: London's LGBT Film Festival - Gala Opening Screening Hong Khaou's LILTING
by The New Current
http://www.thenewcurrent.co.uk/#!bfi-flare-opening-night-lilting-qa/c24bv

 Q&Aの書き起こし。とても興味深い内容。(ちょっと訂正して折り畳みに追記)続きを読む
posted by rico at 10:24| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

Years & Years ‘Real’ミュージックヴィデオに出演&オリー・アレクサンダーのこと



Years & Years | Facebook

Years & Years公式サイト

 Years & Yearsは俳優兼ミュージシャンのオリー・アレクサンダー率いる三人組の音楽ユニットで、フランスのKitsunéというレーベルからデビュー済み。彼らの最新ヴィデオに、ネイサン・スチュワート=ジャレット、タペンス・ミドルトンらといっしょにベン・ウィショーがカメオ出演した。不思議なダンスを披露してる。


 オリー君のインスタグラムによると昨年12月半ばに撮ったみたいなんだけど、えーっと、‘MOJO’のベイビー役でずいぶん鍛えたって言われていたけど、あくまでも当社比というか、あらためて動いてるの見るとあいかわらず手足ひょろひょろ(笑)。

●オリー君のコメント
「このうたは、誰かに値踏みされるときの自分の感情を書いたもの。だから、その気持ちをひっくりかえして、ほかのひとに審判を下す側になれたらクールだろうなって思ったんだ。ベン・ウィショーと一緒に舞台に出たとき、毎晩ステージの上で準備をしてたんだけど、彼のダンスはほんとすばらしくて、電気うなぎかなんかみたいなの。この曲にはとっても踊れる要素があるから、ベンのようにみんなが踊るところを見たかった。ほとんど自制を失ってるみたいに、まるで催眠術かなんかにかかったみたいに。ちょっと薄気味の悪い、『ツインピークス』っぽいシュールな感じのものを作りたかった」
Video: Years & Years “Real”
by jessie, Mostly Junkfood | February 4, 2014

Years & Years - Real
by Jasmine Cowler | Dazed & Confused

 こっちにも同様のインタビュー。

Lyrics for you.

 公式フェイスブックに‘Real’の歌詞がアップされている。作詞中のメモも。誰かを好きになって、欲しくて欲しくてたまらなくて、でも手に入らない、これ以上何を努力したらいいの?……という感じのせつなくも情熱的な内容。普段聴くタイプのサウンドじゃないけど彼の声と詞は好きだな〜。

●オリー君とウィショー君の縁

 オリー・アレクサンダーは映画『ブライト・スター』では弟のトム・キーツ役、昨年の舞台‘Peter and Alice’では物語のピーター・パン役としてベン・ウィショーと共演している。

Hoxton actor to make West End debut alongside James Bond stars Dame Judi Dench and Ben Wishaw in play by Skyfall writer
by Tom Marshall, Islington Gazette | February 22, 2013

An Interview with Olly Alexander
By Laurence Vardaxoglou, The Beaver | 6th Mar 2013

「つまりぼくはちょっとずつ彼になりつつあるってことだよね、ほんと」と。いつもコメントがさえてておもしろい。

●新作映画‘God Help the Girl’にも注目



God Help The Girl | Facebook

 オリー・アレクサンダーはベル・アンド・セバスチャンのリードシンガー、スチュアート・マードックの初監督映画‘God Help the Girl’に出演していて、目下、あちこちの映画祭に出品されているところ。サンダンス映画祭2014では「ワールド・シネマ・ドラマティック部門、アンサンブル演技による審査員特別賞(World Cinema Dramatic Special Jury Award for Ensemble Performance)」を受賞した。これも日本に来てほしいな〜。

●アレクサンデル?



Olly Alexander 公式CV

 ところでロンドン拠点の英国人俳優らしく、本人も「オリー・アレクサンダー(アリグザンダー)です」って言ってるようなのに、どうして日本国内での表記がのきなみ「アレクサンデル」なんだろうと気になっていたのだけど、ひょっとしたら、最初に日本に入ってきた大きな役がギャスパー・ノエ監督の『エンター・ザ・ボイド』で、フランス映画だったからなのかも(『ブライト・スター』の出演シーンはちょっぴりだったし……)。‘God Help the Girl’や‘The Dish and The Spoon’などの主演クラスの作品が国内公開されたり、音楽活動がもっと注目されるようになれば、原音どおりに直るかな?
posted by rico at 19:51| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする