英俳優ベン・ウィショー(Ben Whishaw)さんに関するブログ

2015年12月21日

オンラインでさっと見られるベン・ウィショー(短編映像リンク集・フィクション)

 ここでは、物語性があって、1本で作品として完結している、無料あるいは少額の支払いでオフィシャルに見ることのできるおすすめのショート・フィルムを紹介する。そのうち増えたり減ったりするかもしれない。

 並べてみると、ごく初期のころから、コンセプトのはっきりした、監督の才気がみなぎる、いびつでも強烈な個性を持った作品ばかりであることに気づかされる。どれもかなり面白い。メジャーな大作にも出るけど、クリエイティブで風変わりな小さな作品を作ることがどうやら好きなひとらしい。

 発表の新しい順に。

●THE MUSE(2014)



 20世紀の初頭。芸術家のエドワード・ダンスタンは、廃墟のような邸宅で、かつてここで人魚の姿で撮影し、そして失ったミューズの姿を追想する。
 
 ファッション・フォトグラファーのTim Walker監督、モデルのKristen McMenamy共演。監督の美意識がすみずみまでいきわたり、浮世離れした彼女の動き、感情をのせた彼の動作に魅了される。ラファエル前派のイメージを臆面ないというほどに借用した、とにかく美しい作品。
 
https://www.wearecolony.com/the-muse/

 インディペンデント映画配信サイトWe are colonyにて350円で購入可能。プラットフォームは限られるかもしれないが、一度支払いをすればいつでも何度でも見られる。インタビュー、設定資料、初期スクリプトと撮影台本、スチル、舞台裏映像など、大量の特典もついてくるので大変おすすめ。キャラクターのエドワード自身が8ミリで撮ったという設定の削除シーンがとても可愛い。2015年4月にスクリーニングとQ&Aのイベントがあり、インタビュー動画はその時撮られたもので、おそらく『スペクター』の撮影真っ最中だったころ。
 
当サイト内の過去記事はこちら
http://benwhishaw.seesaa.net/article/400399270.html





●Years & Years - Real(2014)



 夜のクラブ。デート中の女の子とうまくいかない男。トイレで謎の青年(Years & Yearsのオリー)にカードを引かされ、青年が合図を出すと、カードを持っている人びとは次々に進み出て忘我のダンスを踊り出す。

映画と舞台で共演し、何かと縁のあるオリー・アレクサンダー君のバンドのミュージックビデオ。このビデオがきっかけで注目されて、Years & Yearsは一気にワールドワイドな売れっ子に。俳優の仕事はいまはしていないみたい。

当サイト内の過去記事はこちら
http://benwhishaw.seesaa.net/article/387269458.html

●BEAT(2013)

BEAT starring Ben Whishaw from Aneil Karia on Vimeo.


 現代のロンドン。ある男の一日を、ほとんど台詞無しで追っていく。なんの変哲もないものに小さな違和感を覚える孤独な男。彼は街を歩くうちに、自分だけに聞こえる内なる音楽に合わせ、衝動のままに踊り出す。

 ロンドン五輪開会式の映像の一部を手がけたAneil Karia監督のショート。2014年に日本のショートフィルム映画祭Short Shortsでも『鼓動』というタイトルで上映された

https://www.wearecolony.com/beat/

 上に載せた監督自身のVimeoで最後まで視聴できるが、The Museと同様wearecolonyでも350円で購入可能。こちらもインタビュー動画、スクリプト、スチルなどたくさんの特典がついている。おすすめ。
 
当サイト内の過去記事はこちら
http://benwhishaw.seesaa.net/article/375629155.html

●77 Beds(2003)



監督のサイトのプレビュー
http://www.dewshi.com/films/77beds_extract.html
レンタルサイト
http://bfi.muvies.com/reviews/3025-77-beds

 眠れないイシュマエルは、自分の寝たベッドを数えることにした。不吉な気がするベッドや、変な場所にあるベッド。他人のベッドを渡り歩く放浪生活。

 Alnoor Dewshi監督による不思議な感触の作品。Distrifyという配信サービスで0.99ポンドで「レンタル」できる。作品は面白くておすすめなんだけれど、このサイトは再生にちょっと癖があるので注意。地域制限はないがレンタル期間と回数に制限がある。最後まで再生できるのは1度のみ。中断・再開もできるけれど、5回再開するか、30日経過すると、見終わっていなくても期限が切れる。(以前確認した限りでは)
 
 


●Baby(2000)



監督のvimeo(リンク先で全編視聴可)
https://vimeo.com/90978939
レンタルサイト
http://bfi.muvies.com/reviews/3032-baby

 公営プールに通う少年が、男、男、女、男、男、女、腰、脇、脚、靴……さまざまな肉体とうごめくパーツを凝視する。台詞無し、ハダカ・性表現あり。

 音楽ビデオなどを手掛けるwizによる短編。77 bedsと同じdistrifyでも0.99ポンドでレンタルできるけれど、監督本人のvimeoでも全編見られるようになっている。
 
 同じように苛烈な表現だった『My Brother Tom』と同じ時期の、20歳そこそこのにもならないころの作品。その若さでこういうことを続けざまにやろうと思った心境を聞いてみたくなる。10代のころの演劇活動はどんな感じだったんだろう。
posted by rico at 01:38| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。