英俳優ベン・ウィショー(Ben Whishaw)さんに関するブログ

2014年02月05日

Years & Years ‘Real’ミュージックヴィデオに出演&オリー・アレクサンダーのこと



Years & Years | Facebook

Years & Years公式サイト

 Years & Yearsは俳優兼ミュージシャンのオリー・アレクサンダー率いる三人組の音楽ユニットで、フランスのKitsunéというレーベルからデビュー済み。彼らの最新ヴィデオに、ネイサン・スチュワート=ジャレット、タペンス・ミドルトンらといっしょにベン・ウィショーがカメオ出演した。不思議なダンスを披露してる。


 オリー君のインスタグラムによると昨年12月半ばに撮ったみたいなんだけど、えーっと、‘MOJO’のベイビー役でずいぶん鍛えたって言われていたけど、あくまでも当社比というか、あらためて動いてるの見るとあいかわらず手足ひょろひょろ(笑)。

●オリー君のコメント
「このうたは、誰かに値踏みされるときの自分の感情を書いたもの。だから、その気持ちをひっくりかえして、ほかのひとに審判を下す側になれたらクールだろうなって思ったんだ。ベン・ウィショーと一緒に舞台に出たとき、毎晩ステージの上で準備をしてたんだけど、彼のダンスはほんとすばらしくて、電気うなぎかなんかみたいなの。この曲にはとっても踊れる要素があるから、ベンのようにみんなが踊るところを見たかった。ほとんど自制を失ってるみたいに、まるで催眠術かなんかにかかったみたいに。ちょっと薄気味の悪い、『ツインピークス』っぽいシュールな感じのものを作りたかった」
Video: Years & Years “Real”
by jessie, Mostly Junkfood | February 4, 2014

Years & Years - Real
by Jasmine Cowler | Dazed & Confused

 こっちにも同様のインタビュー。

Lyrics for you.

 公式フェイスブックに‘Real’の歌詞がアップされている。作詞中のメモも。誰かを好きになって、欲しくて欲しくてたまらなくて、でも手に入らない、これ以上何を努力したらいいの?……という感じのせつなくも情熱的な内容。普段聴くタイプのサウンドじゃないけど彼の声と詞は好きだな〜。

●オリー君とウィショー君の縁

 オリー・アレクサンダーは映画『ブライト・スター』では弟のトム・キーツ役、昨年の舞台‘Peter and Alice’では物語のピーター・パン役としてベン・ウィショーと共演している。

Hoxton actor to make West End debut alongside James Bond stars Dame Judi Dench and Ben Wishaw in play by Skyfall writer
by Tom Marshall, Islington Gazette | February 22, 2013

An Interview with Olly Alexander
By Laurence Vardaxoglou, The Beaver | 6th Mar 2013

「つまりぼくはちょっとずつ彼になりつつあるってことだよね、ほんと」と。いつもコメントがさえてておもしろい。

●新作映画‘God Help the Girl’にも注目



God Help The Girl | Facebook

 オリー・アレクサンダーはベル・アンド・セバスチャンのリードシンガー、スチュアート・マードックの初監督映画‘God Help the Girl’に出演していて、目下、あちこちの映画祭に出品されているところ。サンダンス映画祭2014では「ワールド・シネマ・ドラマティック部門、アンサンブル演技による審査員特別賞(World Cinema Dramatic Special Jury Award for Ensemble Performance)」を受賞した。これも日本に来てほしいな〜。

●アレクサンデル?



Olly Alexander 公式CV

 ところでロンドン拠点の英国人俳優らしく、本人も「オリー・アレクサンダー(アリグザンダー)です」って言ってるようなのに、どうして日本国内での表記がのきなみ「アレクサンデル」なんだろうと気になっていたのだけど、ひょっとしたら、最初に日本に入ってきた大きな役がギャスパー・ノエ監督の『エンター・ザ・ボイド』で、フランス映画だったからなのかも(『ブライト・スター』の出演シーンはちょっぴりだったし……)。‘God Help the Girl’や‘The Dish and The Spoon’などの主演クラスの作品が国内公開されたり、音楽活動がもっと注目されるようになれば、原音どおりに直るかな?
posted by rico at 19:51| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハジメマシテ。
遠回りして辿り着きました。
昨年「Peter and Alice」でオリー君との舞台を観た者です。
全く気付かなかったのですが彼等は既に「Bright Star」で共演していたんですね・・・。
トム役の子がオリー君だとは気付きませんでした。
そう考えるとまさしく、彼はベン君を辿っているのですねぇ。
Posted by SPUTNIK at 2014年05月26日 00:51
SPUTNIKさん、はじめまして!
ご来訪ありがとうございます。
そうなんですよ、オリー君、顔も映るか映らないかの出演でしたけれど…。
オリー君のいうとおり「彼になりつつある」のかもしれませんね(笑)。後追いで知ったことですが、二人ともキャリアの早いうちに日本に来ていたり、別の年に同じ作品(Mercury Fur)に出ていたり。何かとつながりがあっておもしろい関係ですね。
あまり更新できないのですが、また遊びにいらしてください。
Posted by 村上リコ at 2014年05月26日 15:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。