英俳優ベン・ウィショー(Ben Whishaw)さんに関するブログ

2016年12月17日

MS Society(多発性硬化症協会)クリスマスコンサート朗読



 2016年12月8日、ロンドンのセント・ポール大聖堂で行われた多発性硬化症(MS)協会のクリスマス・コンサートにて、ベン・ウィショーがレズリー・マンヴィル、アリス・シンクレア、ピーター・ワイトとともにアビ・モーガン脚本のクリスマス・ストーリーを読んだ。YoutubeやFacebookに全編アップされている。彼の番は18.30あたりから。

https://www.facebook.com/MSSociety/posts/10154796504473664

 facebookに写真も追加されている(12/19追記)






 参席された方のツイート。とてもうらやましい。補足情報は必読。

 何の話をしているのか、内容を要約してみた。逐語訳ではありません。聞き取りは不得手なので、まちがいがあったらぜひ教えてください。

『クリスマスイブ』(ベン・ウィショー)

 彼はデイヴィッド。「ノー、ノー、お願い、ドアを閉めないで!」と頼んでいる場面から始まる。タイミング悪く教会の外に取り残されてしまったらしい。

 デイヴィッドは、「シェリーのせいだ」といって、父親、母親、姪のニナと過ごす毎年の「うちのクリスマスイブの伝統」について語り始める。クリスマスイブには、シェリーとミンスパイ、ニンジンを暖炉のそばに置いておく。姪が寝たら、母親はデイヴィッド、シェリーを飲んで、と毎年いう。どうして、と聞くと「そうしないとニナが信じないでしょ」。[ミンスパイ、シェリー、ニンジンを置いておき、大人が夜中に手をつけておくことでサンタクロースとトナカイが来たと信じさせるイギリスの風習]

 母親は奇跡を信じる、信心深い善良な女性。姪は9歳で、サンタクロース[ファーザー・クリスマス]にiphone7をお願いしている(交換の必要が出たときのために領収書つきで)。父親は無口で、「ううむ」でコミュニケーションすることを好む。しかしデイヴィッドは、毎年のクリスマスイブの儀式、そして教会に行く意味を見いだせなくなっている。

「ほんとうに欲しいものをくれることができない何者かの存在を信じる必要があるのか?」――彼の手は、ドアを開けることができない。「たとえクリスマスの季節だろうと、1年のいつだろうと、この物言わぬ病、この目に見えない障碍、この贈り物(ギフト)――僕に与えられたこの贈り物は、時を問わず、毎日のように渡され続けている」[デイヴィッド自身が手のしびれを抱えた多発性硬化症の患者である。彼の場合は症状の進行を抑えることができないようだ]

 もし奇跡がほんとうにあるなら、誰かがもう治療法を見つけているはずじゃないのか? 自分はこの先10年以内に、教会に行くことも、歩くことさえできなくなっているだろう。

「もし、サンタクロースになんでも頼めるとしたら?」とニナが尋ねた。奇跡を、と彼は思った。奇跡を。

 ここでドアがようやく開く。ありがとう。

 ちょっとお酒が入って偏屈な気分になっている若い男性が、愛情と皮肉のこもった表現で、家族のことを誰にともなくつらつらと語る……うちに、彼のおかれた状況が明かされ、心を絞り出すような言葉が出てくる。いつのことなのか、誰の発言なのかちょっと分かりづらい部分もあったが、掴まれた。デイヴィッドのキャラクター設定の「20代後半〜30代前半のIT専門家」(Q?)、小さい姪がいる(本人?)というようなところは彼を「ミューズ」と公言するアビさんによる「あて書き」かなあという感じで、等身大にぴったりはまる。また何かの作品で組んでほしい。

 途中「トナカイは空なんか飛ばない」と言いながらふと宙を見るところがあり、一瞬の、何かにあこがれるようなまなざし[20.47]にPeter and Aliceを思い出してしまった。

『クリスマスの日』(レズリー・マンヴィル)

 MSの専門家ジェーン。料理が苦手だが、毎年クリスマスの日だけは、患者に手作りのお菓子を焼いている。彼らの病を彼女は救うことができない。けれど、自分の背後には治療法の研究と実験に励む「ヒーローたち」がいて、自分の問診も巨大なコミュニティの一部であり、一緒になって病の解決法を探しているのだと自分に言い聞かせている。その日の朝、家の芝生に立って緑地を見ていたら、鹿が飛び込んできて、しばし目が合うという出来事があった。希望を感じ、あらゆることが可能だと思った。ただ、信念[デイヴィッドのいう信仰と同じfaith]に飛び込むジャンプが必要なのだと。

『大晦日』(アリス・シンクレア)

「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」のセリフから始まる。学生のローズは『ハムレット』が大好きで、彼の気持ちがわかるという。怒り、混乱、誰かを責めたい気持ち。周囲の期待。ティーンエージャーなのにティーンエージャーらしいことができない。「なぜわたしが?」という思い。2年前に[MSの]診断を受け、症状は身体中に広がっている。しかし、いまは希望を持っている。まだ17歳で若く、生きているうちに治療法が見つかるかもしれないと言われた。可能性を信じる。周囲の愛が病を克服すると信じている。「新年おめでとう、ハムレット」。彼女が2017年に望むのは「生きること」。to be.

『新年最初の日』(ピーター・ワイト)

 スーパーの前で募金活動をしている70代の男性ジョン。新年早々か、という顔で避けていく人に、身の上を語る。家で待つ妻のために活動している。愛する彼女は58歳、26年前にMSと診断された。これまでの20年間で研究は大きな進歩を遂げたが、この先10年間にもまだ巨額の資金が必要だ。この病気は外からは識別できず、患者はどこにでもいる。職場、学校、あらゆる職業の人の中にも。
 彼女は歌を愛している。声は出なくなってしまったが、一緒に歌う。「まだ彼女の歌声が聞こえる」
posted by rico at 19:15| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする