英俳優ベン・ウィショー(Ben Whishaw)さんに関するブログ

2015年10月01日

映画‘Suffagette’に期待してしまう9つの理由


 UK版公式トレイラー

1 サフラジェットとは、女性参政権運動の参加者のこと。狭義には、なかでも戦闘的な運動を展開した女性社会政治連合(WSPU)のメンバーをさす。20世紀初頭の英国で、男性よりも弱く劣った存在とみなされていた女性が、権利を求めて繰り広げたこの運動を、茶化さず真っ向から描いた初めての物語映画として社会的意義がある。

2 映画の中心となるのは架空のキャラクターで、貴族やレディではない労働者階級の女性。彼女たちが先鋭化していく運動に身を投じ、さまざまな犠牲を払ったようすを描いているらしい。

3 監督は‘Brick Lane’のサラ・ガヴロン、脚本は『SHAME -シェイム-』『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』『The Hour』のアビ・モーガン。監督、脚本、プロデュース、あらゆる意志決定の場に女性がかかわった稀有な映画であるという。

4 メリル・ストリープが実在の重要人物エメリン・パンクハーストを演じる。出演シーンはごく短いようだが、脚本のアビ・モーガンとの組み合わせは、ストリープがアカデミー賞主演女優賞を受賞した『マーガレット・サッチャー』と同じ。

5 主演はキャリー・マリガン。こちらもモーガン脚本の映画『SHAME -シェイム-』に出演していて、数多くの賞にノミネートされている。

6 商業映画史上初めて、国会議事堂の建物内での撮影を許可され、ロケを敢行したらしい。

7 ヘレナ・ボナム=カーター、アン=マリー・ダフ、ロモーラ・ガライなど素敵な女優が多数共演。

8 男優陣ではブレンダン・グリーソンと、大好きなベン・ウィショーが出演。インタビューやトレイラーから推察するに、どうやら彼がいままで演じてきた役とは違う感じのキャラクターになっているようで、楽しみでならない。

9 2015年10/57に始まるロンドン映画祭のオープニング作品に選ばれ、UKの一般公開は10/12、US限定公開10/23。10月現在、ロンドンの映画メディア周辺はとっても盛り上がっているらしい。

 いまのところまだ日本公開のニュースは聞こえてこない。あっちではあんなに応援されてるのに……みんなの好きなセレブリティを主人公にしたゴージャスな映画なら、現地での公開前からさっさと決まったりするのに……とネガティヴな気持ちになったりもしたけど、いざ書きだしてみたらこんなに「フック」があるんだし、こういう映画は時間がかかってあたりまえ、大丈夫きっと来るさ、良い子で待とう。

 そういうわけで、各方面におかれましてはよろしくお願いもうしあげます……。

【2016年2月追記】日本の配給会社がついたらしく、2016年公開との情報が出ている。公式発表待ち。楽しみ……!
タグ:suffragette
posted by rico at 22:18| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする