英俳優ベン・ウィショー(Ben Whishaw)さんに関するブログ

2015年01月28日

ベン・ウィショー出演ドラマ『THE HOUR』が日本語字幕付きで配信中!※配信終了しました

※この記事にあるひかりTVでの配信は終了しました。
日本語版DVDボックス発売・レンタル中。
日本公式サイト http://kadokawa-d.jp/lineup/theHour/


 BBC2のトレイラー。


 BBCアメリカ版トレイラー。「The Wireのドミニク・ウェスト」押し



 2015年1月28日より、ベン・ウィショー、ロモーラ・ガライ、ドミニク・ウェスト出演、BBCドラマ『THE HOUR 裏切りのニュース』(2011年)がひかりTVビデオサービスにて配信スタートした! ばんざーい!


第1シーズン全6話

第2シーズン全6話


◆作品内容(リリースより引用):
THE HOUR/裏切りのニュース
アメリカとソ連が冷戦中の1956年。BBCで報道番組の制作に携わる記者フレディは革新的な番組を作りたいと熱望していたが、新番組「ジ・アワー」のプロデューサーにはフレディの親友ベル、メインキャスターにはハンサムな上流紳士ヘクターが選ばれた。そんな中、エスカレートするスエズ危機への英国の関与を報道しようとする番組制作チームは、政府や官邸から圧力をかけられる。フレディは独自の調査を行うものの、殺人事件も絡んだ謎の陰謀へと巻き込まれていく。
c Kudos Film & Television Limited 2011


 脚本は『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のアビ・モーガン。この作品で2013年にエミー賞脚本賞ドラマ・ミニシリーズ部門を受賞している。新作映画『Suffragette』も彼女の筆によるもの。

 全6話×2シリーズ。残念ながら完結していない……。

●視聴方法

Thehourcap2.JPG

http://www.hikaritv.net/services/

 ひかりTVは、フレッツ光のインターネット回線を使ったテレビサービスで、「テレビ契約」をすると、専用チューナーを使ってBS等のテレビチャンネルや、オンデマンド放送、ビデオなどが見られる。

http://www.hikaritv.net/point/smph/m_plan/

 ただし『THE HOUR』はテレビ局での放映ではなく、「ビデオサービス」での提供なので、テレビ契約やチューナーの用意をしなくても、PC・タブレット・スマホ専用プランで登録をすれば見ることができる。

Thehourcap3.JPG

 作品ごとに視聴条件や購入価格が違い、THE HOURの場合は、「無料会員登録」なら216円(税込)/48時間 で1話ずつレンタルするか、「エントリープラン」なら月額350円、「バリュープラン」なら月額1,000円の定額料金内で視聴が可能。クレジットカード払い。
 
 2話以上見るつもりなら月額350円のエントリープランがおすすめ。(ちなみに、第3話はものすごい萌えの嵐だよ!)

●ベン・ウィショーのキャラクター「フレディ・ライアン」



 われらがベン・ウィショー演じる若きニュース記者フレディ・ライアンは、彼がこれまで演じてきた、浮世離れした妖精のようなキャラクターたちとはすこし違って、いつになく現実の重力を感じさせる人物。男らしく有能で、野心と正義感ではち切れそうで、雄弁で、小生意気で、傲慢で、権力に屈しない。そんなふうでありながら、一皮むけばピュアで無防備で、少年のよう。語りつくせない! なんとも魅力的な27歳(設定年齢)。大好き。

 海外で新作のニュースが流れるときなど、「THE HOURのスター、ベン・ウィショー」などと書かれていることもよくある代表作。やっと日本語字幕がついて、みんなで見られるのがとってもうれしい。作品としてもたいへん面白い。1950年代のニュース番組誕生事情、報道とは何か、激しく変転していく当時の階級・ジェンダー観、社会背景の描き方が非常に興味深く、ファッションや美術や音楽もクオリティ高い。これで月350円は安いもの。環境が整う方はぜひどうぞ。

※2015/12/6追記 日本語版DVDボックスも発売されました。

日本公式サイトはこちら
http://kadokawa-d.jp/lineup/theHour/
ラベル:ニュース THE HOUR
posted by rico at 12:14| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする