英俳優ベン・ウィショー(Ben Whishaw)さんに関するブログ

2017年06月10日

[ 「メリー・ポピンズ・リターンズ」に出演


 2018年公開予定? のディズニー映画『メリー・ポピンズ・リターンズ(原題)』にマイケル・バンクス役で出演している。

http://www.imdb.com/title/tt5028340/
imdbの作品情報

http://www.playbill.com/article/everything-we-know-about-mary-poppins-returns
アメリカの演劇情報サイトPlaybillによるまとめ、『メリー・ポピンズ・リターンズ』についてこれまでにわかっていること。2017年3/25付の記事で、その後もちょっと動きはあったけど……。

 1964年の映画『メリー・ポピンズ』の続編(「リメイク」ではない)。監督はロブ・マーシャル、プロデューサーはジョン・デルーカ、マーク・プラット。脚本はデイヴィッド・マッギーがP・L・トラヴァースの原作をもとに手がける。

 主演のメリー・ポピンズ役はエミリー・ブラント。共演にリン=マニュエル・ミランダ、エミリー・モーティマー、メリル・ストリープ、アンジェラ・ランズベリー、ジュリー・ウォルターズなど。

 マーク・シャイマンとスコット・ウィットマンが新曲を書き下ろす。ミュージカル映画である。
 
「2018年クリスマス公開」予定。imdbによると日米は同時公開で12/25になっているけれど、信じていいのか……? 撮影は2017年の2月から行われたらしい。ロンドンの街頭で撮影中のようすがタブロイドで報じられたりもしている。

 前作の25年後、1930年代「大恐慌時代」のロンドン。成長したマイケル・バンクスは、三人の子どもとともにさくら通り17番地の家に住んでいる。家族を亡くした彼らのもとにメリー・ポピンズがふたたび現れる。彼女の魔法と友だちの点灯夫ジャックの助けで、一家は失われた人生の喜びを取り戻していく。(公式のあらすじ概要)



http://ew.com/movies/mary-poppins-returns-exclusive-first-look-photos/light-the-way
「エンターテインメント・ウィークリー」誌2017年6月16日号で、プロダクション写真が独占公開された。
 




 点灯夫ジャック役に『ハミルトン』『モアナ』のリン=マニュエル・ミランダ。こちらもとても楽しみ! かつて、前作の煙突掃除バートの見習いだったという設定。そのバート役ディック・ヴァン・ダイクもカメオ出演しているらしい。



 マイケルとジャックが深くかかわる場面があるかどうかは現時点で不明ながら、撮影現場でミランダ家の愛犬トビーさんとはだいぶ仲良くなったらしいようすがリンマニュエルさんツイッターに。可愛い……かわいい……。




 EWの記事のほうでは、バンクス家の状況についてかなり詳しいところが書いてある。ジェーン役エミリー・モーティマーとベン・ウィショーも自分のキャラクターについてコメントしている。(以下、話のねたばれもたくさん)
 
 マイケルは父の背中を追うように、銀行(頭取役はコリン・ファース)で働いている。ジェーンはひとりで暮らしており、「イングランドで不当な低賃金で働く人びとの権利を守る」社会活動に熱中している(参政権運動家だった母の影響だろう)。
 
 銀行家だが心は芸術家のマイケル。妻を若くして突然亡くしてしまう。三人の子どもをひとりで育てることになったために憔悴し、大人としての大切な責任を果たしそこねて家を失うかもしれない事態に。
 
 ベン・ウィショーのコメントより。「自分ひとりで三人の子の面倒をみるのに必死で、イギリス人らしく厳格でいようとしている。ストレスも不安も表に出さないように。でも、何もかも悪いほうへ転がってしまう」また、子役の演技やキャラクターを絶賛し、「これは、子どもたちがいかに小さなおとなになってマイケルの面倒を見てきたかについての映画じゃないかと思う。そのことに彼は気づいてないのだけど」
 
 私見、エミリーのコメントや記事本文と合わせると、なんだかマイケルが主人公のようにも読め……いやいや、まだまだ本編の具体的な内容はわからない。これからこれから。いずれにせよ、「かつて子どもとして前作に親しんで育ち、おとなになった」観客が楽しめるように考えて作っている気配は伝わる。

 劇場で見るのを楽しみに、あまり周辺情報を知らないようにしておこうかな……と思いながら、ついつい誘惑に負けて探しに行って読んでしまう。だって公開日が遠すぎるし楽しみすぎる。


 おまけ。ジェームズ・コーデンのテレビ番組企画「横断歩道・ザ・ミュージカル」atロンドン、メリー・ポピンズwithベン・キングズリー編。だいすき。
posted by rico at 23:49| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

MS Society(多発性硬化症協会)クリスマスコンサート朗読



 2016年12月8日、ロンドンのセント・ポール大聖堂で行われた多発性硬化症(MS)協会のクリスマス・コンサートにて、ベン・ウィショーがレズリー・マンヴィル、アリス・シンクレア、ピーター・ワイトとともにアビ・モーガン脚本のクリスマス・ストーリーを読んだ。YoutubeやFacebookに全編アップされている。彼の番は18.30あたりから。

https://www.facebook.com/MSSociety/posts/10154796504473664

 facebookに写真も追加されている(12/19追記)






 参席された方のツイート。とてもうらやましい。補足情報は必読。

 何の話をしているのか、内容を要約してみた。逐語訳ではありません。聞き取りは不得手なので、まちがいがあったらぜひ教えてください。

『クリスマスイブ』(ベン・ウィショー)

 彼はデイヴィッド。「ノー、ノー、お願い、ドアを閉めないで!」と頼んでいる場面から始まる。タイミング悪く教会の外に取り残されてしまったらしい。

 デイヴィッドは、「シェリーのせいだ」といって、父親、母親、姪のニナと過ごす毎年の「うちのクリスマスイブの伝統」について語り始める。クリスマスイブには、シェリーとミンスパイ、ニンジンを暖炉のそばに置いておく。姪が寝たら、母親はデイヴィッド、シェリーを飲んで、と毎年いう。どうして、と聞くと「そうしないとニナが信じないでしょ」。[ミンスパイ、シェリー、ニンジンを置いておき、大人が夜中に手をつけておくことでサンタクロースとトナカイが来たと信じさせるイギリスの風習]

 母親は奇跡を信じる、信心深い善良な女性。姪は9歳で、サンタクロース[ファーザー・クリスマス]にiphone7をお願いしている(交換の必要が出たときのために領収書つきで)。父親は無口で、「ううむ」でコミュニケーションすることを好む。しかしデイヴィッドは、毎年のクリスマスイブの儀式、そして教会に行く意味を見いだせなくなっている。

「ほんとうに欲しいものをくれることができない何者かの存在を信じる必要があるのか?」――彼の手は、ドアを開けることができない。「たとえクリスマスの季節だろうと、1年のいつだろうと、この物言わぬ病、この目に見えない障碍、この贈り物(ギフト)――僕に与えられたこの贈り物は、時を問わず、毎日のように渡され続けている」[デイヴィッド自身が手のしびれを抱えた多発性硬化症の患者である。彼の場合は症状の進行を抑えることができないようだ]

 もし奇跡がほんとうにあるなら、誰かがもう治療法を見つけているはずじゃないのか? 自分はこの先10年以内に、教会に行くことも、歩くことさえできなくなっているだろう。

「もし、サンタクロースになんでも頼めるとしたら?」とニナが尋ねた。奇跡を、と彼は思った。奇跡を。

 ここでドアがようやく開く。ありがとう。

 ちょっとお酒が入って偏屈な気分になっている若い男性が、愛情と皮肉のこもった表現で、家族のことを誰にともなくつらつらと語る……うちに、彼のおかれた状況が明かされ、心を絞り出すような言葉が出てくる。いつのことなのか、誰の発言なのかちょっと分かりづらい部分もあったが、掴まれた。デイヴィッドのキャラクター設定の「20代後半〜30代前半のIT専門家」(Q?)、小さい姪がいる(本人?)というようなところは彼を「ミューズ」と公言するアビさんによる「あて書き」かなあという感じで、等身大にぴったりはまる。また何かの作品で組んでほしい。

 途中「トナカイは空なんか飛ばない」と言いながらふと宙を見るところがあり、一瞬の、何かにあこがれるようなまなざし[20.47]にPeter and Aliceを思い出してしまった。

『クリスマスの日』(レズリー・マンヴィル)

 MSの専門家ジェーン。料理が苦手だが、毎年クリスマスの日だけは、患者に手作りのお菓子を焼いている。彼らの病を彼女は救うことができない。けれど、自分の背後には治療法の研究と実験に励む「ヒーローたち」がいて、自分の問診も巨大なコミュニティの一部であり、一緒になって病の解決法を探しているのだと自分に言い聞かせている。その日の朝、家の芝生に立って緑地を見ていたら、鹿が飛び込んできて、しばし目が合うという出来事があった。希望を感じ、あらゆることが可能だと思った。ただ、信念[デイヴィッドのいう信仰と同じfaith]に飛び込むジャンプが必要なのだと。

『大晦日』(アリス・シンクレア)

「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」のセリフから始まる。学生のローズは『ハムレット』が大好きで、彼の気持ちがわかるという。怒り、混乱、誰かを責めたい気持ち。周囲の期待。ティーンエージャーなのにティーンエージャーらしいことができない。「なぜわたしが?」という思い。2年前に[MSの]診断を受け、症状は身体中に広がっている。しかし、いまは希望を持っている。まだ17歳で若く、生きているうちに治療法が見つかるかもしれないと言われた。可能性を信じる。周囲の愛が病を克服すると信じている。「新年おめでとう、ハムレット」。彼女が2017年に望むのは「生きること」。to be.

『新年最初の日』(ピーター・ワイト)

 スーパーの前で募金活動をしている70代の男性ジョン。新年早々か、という顔で避けていく人に、身の上を語る。家で待つ妻のために活動している。愛する彼女は58歳、26年前にMSと診断された。これまでの20年間で研究は大きな進歩を遂げたが、この先10年間にもまだ巨額の資金が必要だ。この病気は外からは識別できず、患者はどこにでもいる。職場、学校、あらゆる職業の人の中にも。
 彼女は歌を愛している。声は出なくなってしまったが、一緒に歌う。「まだ彼女の歌声が聞こえる」
posted by rico at 19:15| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

『ロンドン・スパイ』感想




 https://www.netflix.com/jp/title/80048568

 ストリーミングサービスNetFlixにて、日本語字幕・吹き替えがついて5月9日から配信されている。先日見終えた。
 
 個人的に関心のあることに引き寄せて考えてしまうけれど、これは「社会の構造として残り続ける、目に見えづらい差別・偏見」と「個人としての愛と感情」との対立の物語なのだな……と思った。「スパイストーリー」としては確かに残念ながら説得力に欠けるシナリオで、「奴ら」の正体や陰謀の意図など、謎解きの部分に力点を置いて見ると肩透かしを食うのかもしれない。ただ、ひょっとしたらそれは作り手にとっては書いてるうちにどうでもよくなってたのかもしれない。

 孤独のなかでお互いを見つけた二人に、ショッキングな死別、汚名、病、社会生活からの疎外、そしてまた親しい者の死、と理不尽な苦難がこれでもかというほどにふりかかる。同性愛者不遇の世代を生きてきたスコッティが経験した苦しみを、表面上はもはや差別なんか存在しないことになっている現代のロンドンに生きる若いダニーが無理やりなぞらされていくかのような展開。謎の中心をなすのはいまの世界が課す「顔のない差別と偏見」そのもの。個人が個人に対して抱くのとは違う「構造の敵意」に対抗しうる力は、愛だけ。誰がなんと思おうと僕らの愛は存在した、という「個人的な感情」だけ。

 ダニーに直接危害を加える「謎の組織の尖兵」が、だいたい仮面のように無表情な「女」ばかりのように見えるところがちょっと気になった。これはクリエイターよりプロデュースや演出サイドの意図なのかな。刑事、記者、ナース、女医、白衣の研究者。というか、逆に全体的にゲイ以外の男性は影が薄い? アレックスの「二人の父」は、威嚇的だがほとんど台詞がなく、ダニーの父に至っては喉にパイプが入っていてしゃべれない。無言の不機嫌でいられる特権を持った男が牛耳る世界で、女が派遣され無防備な青年を傷つける。そんな図式を見るようでつらい。息子に愛情を抱けないことを責められる母親たち、ロボットのように使われる「手先」たちの内心を思うとつらい。ただ、個人と個人が対話することで、わずかな転覆の可能性が生まれていく。起こったことは消せないし、作中でも言われているとおり負け戦だけれど。取調べをした刑事の最後のシーンは、あきらめと歯がゆさの奥行きのようなものが感じられてよかった。ハリー・ウォルターとシャーロット・ランプリングの演技も当然よかった。種明かしの過去話はちょっと駆け足すぎてあんまりだったけど。このあたりも背景を描き込んでくれていれば……。

 そういうわけで「世界の構造にまつわる象徴レベルの話」と、「スパイ陰謀ストーリー」と、「個人的な愛情の話」、わたしに見えた三つのレイヤーが、もう少しなめらかにかみ合っていれば傑作になったのかもしれないなと思った。一緒に見ていた家人はたとえば『ナイロビの蜂』ではそれがもっと高度に成功してる、と言っていた(世評でもル・カレ作品と比べられて一段落ちるという評価が多い気がする)。

 ウィショーさんの演技は素晴らしい。愛情深く勇気があり、繊細で力強く、セクシーで魅力的。たぶんあんまり素晴らしいので演出家たちはいつまでも彼を撮っていたくなるんだと思う。脇役は舞台のキャリアが厚い人たちが固めているようで、こちらもすみずみまで素晴らしい。映像も美しい。いつまでも見ていられるし、見ている間は脚本の凸凹も気にならないでたっぷりと楽しめる。3〜4話が一番好き。この作品が作られて良かったし見られてよかった。とはいえ、いまの彼が主役をつとめ、何もかものパーツが完璧にそろった、傑作の映像作品が作られないものかな、という気持ちもしてしまう。これはファンのわがままなんだろう。最後に見た舞台はそんな傑作に限りなく近いと個人的には感じたけれど、演劇は消えてしまうもので、映像作品なら繰り返し楽しめるから。
posted by rico at 12:10| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする